古本の出張買取査定ガイド

古本の出張買い取りってどうなの?本の出張買取のメリット、デメリットを知ろう!

トップページ > 買取対象外になる古本とは?
買取対象外になる古本とは?

古本を買取に出すときに気になることの一つに、「買取ってもらえない本があるのではないか」ということがありますよね。引越しや遺産の整理などで、買取ってもらいたい本がたくさんあっても、そのほとんどが買取の対象外だったら困ってしまいます。買取店によって、その買取基準には多少の差があるようですが、一般的にどのような古本が買取の対象外となっているのかを確認しておきましょう。

まずは、大手の買取チェーン店などの場合、ISBNのついていない本は基本的に買取らないというシステムになっているお店があります。このような買取店の場合、30年以上前に出版された古本はすべて買取の対象外になってしまうので、古いものを多く持っているという方は大手買取チェーンは避けたほうがよいかもしれませんね。またこうしたISBN以外には、かなり汚れているものや日焼けのひどいもの、破れのあるもの、本に書き込みがたくさんあるものなどは買取ってもらえないことが多くあるので気をつけましょう。さらに、公共機関や企業などの管理番号や管理印がついている古本の場合は、盗品とはっきりとした区別をするために除籍証明書がないと買取の対象外になります。

買取店によって差はあるものの、このようにどのお店にも買取の基準は存在しています。ただし、あるお店では買取対象外だったとしても、別のお店では希少品として高く買取られる場合もありますので、心配な場合は事前によく調べてみることをおすすめします。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の出張買取査定ガイド . All rights reserved