古本の出張買取査定ガイド

古本の出張買い取りってどうなの?本の出張買取のメリット、デメリットを知ろう!

トップページ > 古本を高値で売るコツ
古本を高値で売るコツ

もう読まなくなった本、あなたの自宅にもたくさん眠っていませんか?これからも読み返す予定がない本なら、ずっと置きっぱなしにしておいても仕方がないもの。それなら買取に出してしまえば多少なりとも収入があるだけじゃなく、自宅もスッキリ片付きそうですよね。でも同じ売りに出すなら、できるだけ高値で買取って欲しいというのが売りに出す側の本音です。古本を高値で売るためのコツには、どのようなものがあるのでしょうか。

まずはなんといっても本をきれいな状態で保つこと。本は紙でできているため、経年劣化しやすいものです。それでもできるだけ汚したりせず、買った当時の状態を残すように心がけましょう。たとえばカバーが汚れていたら拭きとってから保存する、また買った時についていたオビなどは捨てないでそのまま残しておく、といったちょっとした心遣いをしておくだけで、本はきれいな状態で保存することができます。やはり汚れたものよりも、きれいな本のほうが高値で買取ってもらえる可能性が高いですからね。

次に大切なのは、もう読まないと思ったらできるだけ早く買取に出すこと。古本の相場は日々かなり激しく変動しているものなのだとか。発売されてから日が浅い新しい本ほど高値で買取られるもの。だから、買ってすぐに読んだけどもう必要ないな・・・と思ったら、できるだけ早く売るのが高値で買取ってもらうコツなんです。また買取店によって、扱う古本の得意分野が違っている場合があります。たとえば医療系や法律系の専門書を多く扱っているような古本店は、専門分野の古本を高値で買取ってくれる傾向があります。このように買取に出す先によって買取価格に差が出ることもあるんですよ。

このように古本を高値で売るためには、ちょっとしたコツが必要な場合があります。そう難しいことではないので、コツを活かして高値で買取ってもらうようにしたいですね。

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の出張買取査定ガイド . All rights reserved