古本の出張買取査定ガイド

古本の出張買い取りってどうなの?本の出張買取のメリット、デメリットを知ろう!

トップページ > 古本をきれいにする方法
古本をきれいにする方法

古本を買取に出すとき、やっぱり気になるのはその本がいくらに査定してもらえるかということですよね。できることなら少しでも高く買取って欲しいというのが、売りに出す側のホンネです。古本の査定は、その本のジャンルや人気の高さによって左右されますが、やはり一番影響を受けるのは古本の状態です。きれいで状態のよいもののほうが、より高値で買取られる場合が多いんですよ。それなら買取に出す本は、少しでもきれいにしておかなくちゃ!古本をきれいにする方法には、どんなものがあるのでしょうか。

まず表紙カバーをきれいにする方法をご紹介しましょう。光沢のあるツルツルとしたカバーのちょっとした汚れを落とすには、消しゴムを使った方法が有効的です。汚れている部分を軽く消しゴムでこするだけで、わりとカンタンにきれいになるんですよ。また「激落ちくん」などのメラミンスポンジに少し水を含ませてこするとピカピカになります。ただし光沢のない表紙の場合は、こうした方法を用いると傷をつける場合があるので注意が必要です。

次に、付いている値札をきれいに剥がす方法です。値札は無理に剥がすと、シール部分のベタベタが残ってしまいがちですよね。値札は無理に剥がさずに、ライターオイルや100円均一などで売っている「シール剥がし」を値札全体がしっとりするほどかけ、30秒ほど置いてから剥がします。こうするとベタベタが残ることなくスッキリ剥がせますよ。しかもオイルが染みたりニオイが残ったりすることもありません。

このようにちょっとした手間をかけるだけで、古本は見違えるほどきれいになることがあります。ひと手間で査定額がアップするなら、やらない手はない!古本を買取に出す前に、あなたも試してみてはいかがですか?

関連エントリー
Copyright © 2010 古本の出張買取査定ガイド . All rights reserved